• 小野 晶史

2020年12月号社説:シラスウナギの産卵場からの回遊経路は複雑怪奇?/北赤道海流と渦潮の相関関係の強さ明らかになるか─ シラスウナギ回遊データについて思うこと ─

シラスウナギ漁が始まった。台湾では既に採捕がスタート、早々に採捕量がまとまり好感触を覗かせたが、中盤以降、期待したほど纏まっておらず、昨年に続く大豊漁の期待も空振りとなっている。


本紙ではこの5年にわたり、シラスウナギの資源量に関する様々なデータ作成を進めると同時にシラスウナギ漁の予報が可能かどうかの検証も進めてきている。そのデータ収集を進めるに従って、これまでの業界での常識とされてきたシラスウナギの回遊システムがいかに脆弱なものであるのかをまざまざと思い知らされている。


太平洋西部アリアを広域を回遊するシラスウナギ だが、その回遊経路は大雑把にしか判明していない。産卵場から北赤道海流に乗って黒潮に接続、東アジアの日本・台湾・中国・韓国に回遊するとされるが、その内容は非常に複雑だ。


キーワードは「渦潮」だ。海面には多くの渦潮が存在するが、北赤道海流、そして黒潮周辺では渦潮の影響で海流も様々な変化を見せる。特に北赤道海流は非常に不安定な海流でフィリピン東部沖合に頻繁に発生する複数の渦潮が邪魔をしてシラスウナギの回遊を妨げる場面が存在する。


今年は10月半ばまでそうした渦潮の発生が見られず、産卵場からの北赤道海流の流れは安定して黒潮に接続していたが、10月下旬に多くの渦潮が発生、北赤道海流は分断されてしまい、黒潮への接続が難しくなっている。


しかもこの渦潮は頻繁に拡大・縮小の変化を繰り返すようだ。11月半ばには弱まり、シラスウナギ漁に対する期待感も高まったが、11月下旬にはすぐに復活、北赤道海流が消滅してしまい、またもや黒潮への接続が見られなくなってしまっている。


この渦潮発生のメカニズムを解き明かすのは生半可なことではないが、この渦潮の動向を細かくチェックしていくことでシラスウナギ漁の動向を予想することは可能なようだ。何れにしても初めてのことでもあるので、しっかりとデータを積み上げていきたい。


さらに、このデータ収集の過程で様々な前提が崩れていくことも感じる。産卵場からの回遊は基本的に採捕されるまで6ヶ月以上とされているが、その大半が北赤道海流域での時間であると想定される。産卵時期は6ヶ月前であるにしてもフィリピンの東方沖から台湾にかけての移動にかかる時間は数日に過ぎず、短期間であると推測される。


これまでの定説でも様々な仮説が覆されようとしており、シラスウナギの回遊経路がどれだけ複雑怪奇なものであるかを窺わせる。今後もしっかりとデータを蓄積していきたい。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

マスメディアは決して専門家ではない。そのマスメディアによる情報の氾濫は大混乱を招く。今回の新型コロナ感染拡大のニュースを受けてそのことを痛感した。有効なワクチンが見つからない感染症の蔓延という非常に危険な事態となり、世界各国で多くの感染者、死亡者を出してしまったこの災害に対して、当然のことながら報道機関は様々な取材を行い、その被害の実態だけにとどまらず、対処法や対策の是非についてこれまで積極的に報

今年に入り世界中を混乱の渦に陥れた新型コロナウィルス感染のアウトブレイクは欧米からアジアまで甚大な被害を引き起こし、経済の急速な後退を招いてしまった。ここからの経済回復は民間の力だけでは足りないことは言うまでもない。政府の強力なテコ入れでよりスピードアップした回復策が求められよう。 また、こうした災害の後に大切なのは課題点、反省点を躊躇なく列挙し、今後同様の災害が起きた時の被害を少しでも軽減できる

2020年は東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本にとって重要な一年となる。訪日外国人観光客の大幅な増加が見込まれ、消費の盛り上がりも期待される。特に日本の水産物を海外にアピールするまたとないチャンスであり、日本でしか味わえない美味しい魚介類を広く知ってもらえるよう、様々な取り組みが期待される。 その一方で年末に残念なニュースが飛び交った。元日産会長のカルロス・ゴーン氏の国外逃亡事件だが、気